FC2ブログ

まだまだやれるぞ!50代アスリートの日々

2012年10月に沖縄から実家のある愛知県知多半島に帰ってきました。50過ぎましたがまだまだこれから。いつかはアイアンマン完走!!!2013年5月4日ブログタイトルを「おきなわ移住 つれづれ日記」より変更しました。

3月の第2日曜は「名古屋ウィメンズマラソン(今年は3月8日)」
昨年は同日開催の「鳥取マラソン」に参加しましたが、
今年は(こじんまりと)私設エイド復活です。
で、革細工でこんなのを作ってみました。当日沿道にて配布します。

IMG_1612.jpg
ご自身が参加される方、ご友人やチームメイトで参加される方がいらっしゃいましたら、
32kmから35kmあたりの台湾国旗が目印とお伝えください。
詳細な場所は今月下見に行って決めます。

IMG_8709.jpg
台湾から参加の皆さんへは台湾国旗をあしらった折り鶴と革細工の組み合わせ。
画像は2年前のもので、今回は諸事情によりピンバッジは無しで・・・

早めにスタンバイして最後尾およびスイーパーが過ぎるまでいます。
選手ほどではないけれど長い1日になりそうで体調を整えて臨みます。

雨は降らないで欲しいなぁ




スポンサーサイト



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

初めての海外での大会は昨年5月の烏來(台北の南)でのハーフマラソン。
前年の12月上旬にはエントリー(代行)に航空券&ホテルの手配を済ませたけど
今年は現時点でアナウンスが無く、開催は無さそう・・・

と思いきや、10月に台北市内で行われる「エバー航空マラソン」の日程が
発表になりました。いぜな88大会は昨年開催時に翌年11月29日開催が決まっていたので
昨年同様に10月下旬開催なら、行く!と決めてました。

IMG_1584.png
昨年同様に10月の最終日曜日開催と大会公式サイトにてアナウンスがありました。
詳細は決まり次第アップされるでしょうが概ね昨年例を踏襲すると思われます。
早速、航空券&スタート地点(おそらく台湾総督府)まで徒歩圏内のホテルの
予約を済ませました。
できれば2泊3日で行きたいところですが11月のいぜな88の事もあるので
土曜1泊で参加します。スタート時間は早いし、飛行機の時間帯も申し分なく、
(土曜午前着&日曜夕方発のLCCスターフライヤー)少しは市内観光もできそう。

何年か前に台北マラソン(ハーフの部)に参加しようと、
飛行機&ホテルの手配を済ませながら、エントリー漏れ・・・
(前年のエントリー開始の数日前に大会サイトにアクセスしたら
 その前日に締め切られた後だった・・・)

昨年例だとエントリー開始は4月中旬でした。
こまめに大会サイトをチェックしなきゃ。
(エントリーは大会公式サイト-日本語のページあり-とランネットから可能)

航空会社の冠大会なので完走後の抽選の景品がなかなかにすごい!!!







テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

号砲一発、環島ランニングの最終ステージのスタート。

82419870_2907561072587407_1717902303249301504_n.jpg 82525156_2907566622586852_4957823407111536640_n.jpg
ゆっくりと走り出し、信号で止まったりで
体を動かし始めた身には負荷がかからず良い感じです。

81240684_2907562322587282_7389846400793575424_n.jpg 81349906_2907562215920626_3371241820586508288_n.jpg 81742612_2907562292587285_937789285694701568_n.jpg
晴天で気温は20℃半ばでうっすらと汗ばんできます。

82241886_2907562182587296_2940072854059745280_n.jpg

82201382_2907563309253850_5434505850016235520_n.jpg 82219416_2907563299253851_4213028279294099456_n.jpg
「台北101」ほどインパクトはないけど台北の象徴の総督府。

82368447_2907566369253544_6662270935032135680_n.jpg 82634351_2907563329253848_5676489633232322560_n.jpg
ゴールまであとわずか

81367340_2907568709253310_461785670961070080_n.jpg
ゴールの南門國中に到着〜

81776047_2907568022586712_7073843202737831936_n.jpg 81753965_2907567912586723_5258402909455908864_n.jpg 81781536_2907568742586640_1467218587033796608_n.jpg
友人の楊さんが迎えてくれました。
ご自身が熱中している「旋風球」(フライボール?)をお土産にいただきました。
(重くはないけど結構かさばり割れ物なので空港のカウンターで
 機内持ち込みできるか?確認しました。)

81760129_2907566672586847_6823181579834097664_n.jpg 81465454_2907564255920422_8371824448923238400_n.jpg 81907836_2907564222587092_890930715753971712_n.jpg
ゴールした後、セレモニーがありましたが
帰りの飛行機の時間もあって、途中で失礼させていただき、
ホテルに戻り、身支度&荷造りをしてMRTで空港へ。

劉さんからのお誘いがなければ、お土産を物色しつつ、何を食べようかなぁ?
という最終日になっていたでしょうが、
体はともかく、気持ちは復帰に向けて確実に一歩を踏み出しました。

習慣を取り戻し、練習ができる体づくりですね。
大会参加の予定はありませんがボチボチと夏以降の青写真でも
描いてみようかな、と思ってます。

目標は11月29日の「いぜな88トライアスロン」完走!
セントレア・台北にスターフライヤーが就航し、時間帯が良いので、
10月には台北でのハーフマラソン(エバー航空マラソン)に参加しよう!







テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

嘉義から「自強号」で台北へ。
翌朝に台北市内でランニングイベント(視覚に障害のある方々の
走っての台湾一周 - 環島 - の最終日 台北市内を6kmランニング)に参加予定で
終了後に慌ただしく空港に向かうことになるかもしれないと思って
会食までの間に南国市場(建て替えのため移転中)でお土産調達。

台湾でのタンデムイベントに参加して以来、最終日の夜はイベントで
知り合った方々と台北での会食が恒例となっていて、
楽しいひと時を過ごしました。訪台の度に言葉の必要性は感じるものの、
今回も筆談と翻訳アプリが活躍しました。

81529150_2907559852587529_1168303534840479744_n.jpg 81795985_2907564262587088_3213798498587639808_n.jpg
声をかけてくださった劉さんがホテルに迎えに来られ、MRTで集合場所へ。
今回も台湾および台湾の皆さまへの感謝の気持ちを背中につけて走ります。

82256890_2907559845920863_1708304915358547968_n.jpg
スタートは台北101近くの國父紀念館

81523029_2907559879254193_1382882948511956992_n.jpg 82537516_2907560962587418_7474643009565360128_n.jpg 81520121_2907566682586846_5268229674370072576_n.jpg
すっかり準備が整い、飛び入り参加ですがワクワクしてきます。

81186827_2907565405920307_8837438082501312512_n.jpg 81259502_2907567935920054_812195113290694656_n.jpg 81822206_2907559995920848_6327827170336964608_n.jpg

81926970_2907567919253389_670550304504152064_n.jpg 81229163_2907566779253503_2384126407455277056_n.jpg
烏來マラソンの際は劉さんが大きな日章旗を用意してくださり感激したので
今回は私が台湾国旗(青天白日満地紅旗)を携えて参加しました。

81250739_2907560965920751_4427032287606996992_n.jpg

IMG_1556.jpg 82143684_2907566592586855_1360897453305364480_n.jpg
スタート前に署名

82140226_2907561052587409_7897011257390137344_n.jpg 81612546_2907565392586975_3755470075923005440_n.jpg

81445076_2907566525920195_2041986946128936960_o.jpg 81772863_2907566479253533_7741537865091252224_n.jpg

81819868_2908359735840874_63409806236450816_o.jpg 81628723_2907566492586865_1982534750392287232_n.jpg
スタート前に皆さんで記念撮影
大会と違って張りつめた感じは無くて緊張感ゼロ  
楽しんでいこう(言葉はさっぱりだけど・・・)

距離は6kmだし、街中で平坦、信号で止まったり、歩いたりもあるだろうから
運動自粛から体を動かし始めた身でも大丈夫!

81728558_2907566729253508_2613749163124326400_n.jpg
さあ、しゅっぱぁ〜〜つ








テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

食べてばかりじゃなくて、少しは体を動かさないと、と思って、
終着駅の「車程駅」から水里を経て「集集駅」まで10km ランニング。
水里までは下りで、水里からは川沿いの平坦路なので
ゆっくり&時々歩きを入れて、さらにお昼を食べる時間もありそう。
IMG_1439.jpg
蒸気機関車のガードレール

IMG_1440.jpg IMG_1441.jpg IMG_1442.jpg
水里までは自転車道路を走ります。

IMG_1443.jpg
水里駅 日月潭へのアクセス拠点

IMG_1444.jpg
水里からは川沿いの平坦路。

IMG_1446.jpg
「石虎」って何だろう?と思ってググったら「タイワンヤマネコ」でした。
「請減速慢行」(slow down)って書いてあるけど制限速度70km。
見通しの良い道なのでバンバン飛ばして行く。

IMG_1447.jpg IMG_1449.jpg
果物の栽培が盛んです。バナナ&ドラゴンフルーツ。

IMG_1451.jpg
線路を跨いで集集駅まであと少し。

IMG_1459.jpg IMG_1457.jpg
921地震で全壊しましたがかつての姿(木造)で蘇った集集駅。
どこか懐かしさを感じる佇まいです。

IMG_1456.jpg
駅近くの食堂でお昼。ビールが欲しかった・・・

IMG_1458.jpg
日本で使っているコンセントがそのまま使えるのはありがたい。

IMG_1454.jpg
券売機が無く窓口で購入。硬券。

IMG_1461.jpg IMG_1462.jpg IMG_1463.jpg
嘉義に戻り、阿里山森林鐡路車庫園區に寄って、KANO の展示のある檜意森活村へ。


翌日は郊外にある國立嘉義大学へ。
IMG_1471.jpg
駅から南東方向へ6〜7kmくらいだろうか?
台北行きの電車の時間があるのでゆっくりしていられないけど
ここまで来たら行かなくちゃ!

IMG_1472.jpg IMG_1473.jpg IMG_1474.jpg
大学に到着したもののどこにモニュメントがあるかは大学の案内板を見てもわからず、
適当に「この辺りだろう?」と歩いていたら遭遇した。(生協の近く)
近藤兵太郎監督と準優勝メンバーの蘇正生中堅手の像。
「マムシに触っても近藤監督にさわるな、とみんなが囁き合うほど怖い人であった。
しかし、大変に熱心で、怪我などした者にはとことん気を配ってやさしかった。
真剣、必死が好きな方で、いつも体中から熱気が溢れているようだった」(蘇 中堅手)

電車の時間を気にしつつ早足で街に戻り、
IMG_1476.jpg
駅前にある食堂で鶏肉飯と卵スープを食べて、駅に行ったら
乗車予定の「自強号」は20分遅れ・・・

台北へ






テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

集集線は1時間半に1往復(終点の車程駅到着後10分ほどで折り返し)なので
時刻を確認できるように台鉄アプリをインストール。

IMG_1407.jpg
ホテルは駅近なのでゆっくりと朝食を摂って出発。

IMG_1408.jpg IMG_1409.jpg
阿里山鉄道は途中まで行けますが未だ再建途上・・・(2023年初頭開通見通し)
復興したあかつきには乗りに来ます。

IMG_1410.jpg
駅にも KANO

IMG_1412.jpg
サイクリング愛好者にとっては嬉しい配慮がなされています。

IMG_1419.jpg IMG_1423.jpg IMG_1421.jpg
二水駅で乗り換え。
集集線(JIJI LINE)の列車がやっって来ました。
日本の「いすみ鉄道」と「天竜浜名湖鉄道」と姉妹列車です。

IMG_1432.jpg IMG_1433.jpg
外装・内装とも黄色基調で床はバナナ柄。
沿線では果物の栽培が盛んで

IMG_1427.jpg
バナナは日本の皇室にも献上されたそうです。

IMG_1428.jpg IMG_1431.jpg
1999年の921大地震で壊滅しましたが2年半後に復興。

IMG_1426.jpg
地震を報じた当時の新聞が座席にプリントされてました。

IMG_1434.jpg IMG_1435.jpg IMG_1438.jpg
50分ほどの乗車で終点の「車程駅」に到着。
ひとつ前の水里駅までは川沿いを走ってましたがすっかり山の中。
かつては木材の集散地として栄えた車程駅周辺は観光スポットになっていています。

IMG_1437.jpg
乗って来た列車を見送り、駅周辺を一回りした後、
集集駅までの約10kmをゆっくりジョグで戻ります。


*************************続く*************************






テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

ホテルにチェックインして、まず向かったのは
中央噴水池ロータリーにあるKANOでエースで4番、さらには主将も
務めた呉 明捷選手のモニュメント。
IMG_1387.jpg
噴水近くの店で軽く雞肉飯と魚丸湯。
この後、ロータリーからの通りの夜市に行くも
規制されてない状態で車やオートバイがひっきりなしに通り、とても危ない・・・

IMG_1391.jpg IMG_1389.jpg
ひと通り眺めただけで早々に退散してホテルに戻る事にして
途中で見かけた流行っていそうな店でさらに食べる。
ここは赤鉛筆で数字を書いて注文するシステム。

IMG_1379.jpg IMG_1393.jpg IMG_1396.jpg
嘉義で宿泊したホテルは駅近くの HOTEL DISCOVER(嘉義亮點旅店)
宿泊棟は通りに面してなくてとても静かです。

IMG_1378.jpg IMG_1395.jpg
館内・室内とも清掃が行き届いていていて期待以上でした。

IMG_1394.jpg IMG_1397.jpg IMG_1398.jpg
朝食はフロント棟2階のレストランにて。(夜は鍋の店として営業)

IMG_1399.jpg IMG_1400.jpg IMG_1401.jpg

IMG_1406.jpg IMG_1405.jpg
朝からしっかりといただきました。


さぁ〜て、集集線に行ってきます。





テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

元旦の同級会の行事を終えて翌2日から3泊4日で台湾へ。
今回の拠点は「北回帰線」と言うよりは「KANO 海の向こうの甲子園」の「嘉義」
もうひとつの楽しみは嘉義の北にある行き止まり鉄道「集集線」

台北ではご縁のある方々との会食に
お誘いを受けたランニングイベントへの参加と盛りだくさん。

就業中のケガや体調不良に陥ること無く無事に出発の朝を迎えることがきました。

IMG_1360.jpg
料金的には割高ですがいつもテレコムスクエアのグローバルWIFI
借り(受け取り)忘れ1回、返却忘れ2回・・・

出国手続きが顔認証になり、パスポートへの押印が省略されたので
事務所まで行って押してもらいました。
手続きが簡素になるのが良いのか?良くないのか?はわからないけど、
係官に対した時のドキドキ感が薄れたのは
私的にはちょっと寂しいと言うか味気ないと言うか・・・

IMG_1361.jpg
いつものJL821

IMG_1362.jpg
ここも定番の「到着しました〜」スポット(毎回撮ってるかも?)

IMG_1363.jpg IMG_1464.jpg
到着ロビーで訪台200万人達成の記念品をゲットしました。

IMG_1364.jpg
MRTで高鐵(台湾新幹線)桃園駅へ

IMG_1367.jpg
空港から高鐵桃園駅への到着時間が読めなかったので駅の券売機で
(中国語でした。日本語のは無いだろうけど英語はあると思います。)
乗車券を購入したら、指定席に空きがあるのは1時間先・・・
直ぐのにはグリーン車(商務車)には空きがあったけど1時間の乗車でさらに700元。
急ぐわけじゃ無いし、何か美味しいもんでも食べたほうがいいと思って、
煮卵をアテに無事に着いたことに乾杯!

IMG_1370.jpg IMG_1371.jpg
外観はともかく内装はまるで元祖新幹線そのもの。

IMG_1374.jpg
高鐵嘉義駅と台鉄嘉義駅は直線距離で15kmくらい離れているので
シャトルバスで嘉義市街へ。高鐵の乗車券を提示すれば OK !

IMG_1377.jpg IMG_1375.jpg
嘉義駅は前駅(東側 市街)と後駅(西側 鉄道窓口もあるけどメインは
バスターミナル)があります。(跨線橋で往来できます)

オンライで予約&決済した台北行きの乗車券をピックアップ。
予約番号のスクショとパスポート提示で発券&受け取りして、
駅近くのホテルへチェックイン!

早速、中央噴水池にあるKANO でエースで4番、さらには主将を務めた
呉 明捷選手のモニュメントへ。


*************** 続く ********************










テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行