まだまだやれるぞ!50代アスリートの日々

2012年10月に沖縄から実家のある愛知県知多半島に帰ってきました。50過ぎましたがまだまだこれから。いつかはアイアンマン完走!!!2013年5月4日ブログタイトルを「おきなわ移住 つれづれ日記」より変更しました。

しらじらと夜が明け始めた頃は曇り空だったけど
朝食を運んできた女将さんが「雨ですね〜」
あー・・・、と思って窓を開けると結構な降りで道路には水溜りが・・・

朝食を済ませたらあがったので準備をして出発。
何はともあれ先を急ごう。


写真 1
大三島にかかる多々羅大橋。
おっ、晴れ間!けど長くは続かなかった・・・

写真 2
橋の途中で愛媛県に入ります。

写真 3
ブルーライン同様に標識や案内表示はとてもよく整備されてます。

写真 4
丸太を利用した駐輪ラック。伯方島にて。

写真 1
生口島・大三島・伯方島と来て大島へ。
メインのブルーラインは島の中央を通るけど、西海岸&東海岸にもルートがあって
最長(と言っても19キロくらい)の東海岸ルートを選択。
交通量はとっても少なかったけど道が狭くアップダウンの連続で
(ガイドブックには筋トレロードと書いてありました)
民宿やカフェはポツポツとあるけど商店は無く、時々雨・・・
修行のような走りが続いたけど

写真 3
来島海峡大橋を渡れば四国。

写真 5
到着〜。

写真 4
尾道→今治2日間で144キロ。
ブルーラインは70キロちょっとなので2倍楽しんだって事でしょうか。
次回はスカッとした青空の下で走りたいな〜
今治での宿は7月にオープンした「シクロの家」。詳細はクリックしてご覧下さい。

写真 1
今治駅に世界最大の自転車メーカー GIANT のショップがありましたが
お盆休みでお休みでした・・・

多くのサイクリストが来る時期なのでお盆休み返上で営業して欲しかったな〜

夜は今治に実家があるアスリート仲間と合流し BBQ 。
久々に会う友人も合流して日付が変わる頃まで楽しく飲みました。

明日の天気も微妙な予報だけど「雨は無い!」と信じて「とびしま海道」へ。
(とびしま海道の Naver まとめサイトです。名前をクリックして下さい)

ほろ酔い加減で床に就きました。



**************** とびしま海道へ続く*****************






スポンサーサイト

テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行

無事にカギを調達してスタートするも、予報(願望も)とは裏腹にすぐにポツリポツリと
雨が降り出し前途多難な予感。

ブルーラインを辿ってまっすぐに今治に行かないで途中で1泊の予定なので
天候や時間と相談しつつ寄り道もいいな〜、と早速、向島から
岩子島に行くも地図では一周出来る外周道路で行き止まりにぶつかって
初っ端から引き返して遠回りを余儀無くされてしまった・・・

ブルーラインに戻り
写真 5
最初の大きな橋。因島大橋。

写真 1
下から見上げると。

写真 2
橋への取り付け道路は距離はちょっと遠回りになるけど
サイクリングを前提にして作られているので勾配は3%くらい。
向こうの島は因島。

写真 3
橋の上の自転車道はこんな感じ。
(歩行者や125cc以下のバイクも通ります)

写真 4
晴れ間が出てきたので因島の南にあって橋でつながっている
生名島・佐島・弓削島へ寄り道〜

写真 5
生名島より撮影。手前は生名橋、奥の橋は弓削大橋。
プチしまなみ海道と言う感じです。

写真 1

写真 2

写真 4
上弓削港から因島に戻り生口橋を渡り

写真 5
生口島の洲江(すのえ)港から岩城島へ

写真 1
岩城島小漕(おこぎ)港

写真 2
渡しの甲板には「ようきたのう」と書いてありました

写真 3
今夜の宿は岩城港近くの西山旅館。 
床屋併設でご主人は理髪師さんという事でサッパリしました。

写真 4
夕食前ですが港で潮風に吹かれてひとりおつかれさん会。

写真 5
宿の夕食。

本日74キロ走行。
出だしは時々小雨で午後から晴れ間も見えたけどおおむね曇りで展望はイマイチ・・・

スカッとした晴天で島々が遠望出来た時のサイクリングは最高だろうな〜。

スマホやテレビの天気予報を気にしつつ、おやすみなさい。


***************** 続く**********************




テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行

世界7大サイクリングロードのひとつである「しまなみ海道」に行ってきました。
CNN のサイトの travel ページに「7大サイクリングロード」と「しまなみ海道」が
紹介されてます。(各名前をクリックすると英語での紹介文が表示されます。)

お盆の時期で帰省や行楽で多くの方が出かける時期なので出発前夜は名古屋駅近くの
ホテルに泊まって改札が開く1時間前から並びました。
写真 1


写真 3
多くの方々が利用する公共交通機関なのでルールを守って極力迷惑のかからないように
配慮しましょう。

写真 4
並んだ甲斐あってこのスペースを確保できて一安心。

写真 1
尾道駅着!屋根付きのスペースがあります。

写真 2
ねんざで慣らし走行は出来なかったけど組み立ては何度も予行演習をしたので
スムーズにできて荷物も積んで、いざ!出発!と思いきやカギを忘れている事に
新幹線の車内で気がついた・・・どうしよう・・・無いと心配だし・・・

写真 3
尾道駅前から渡船で渡った向島のホームセンターで調達できました。よかった〜。

写真 4
道路には青い線が書いてあるのでこれをたどって行けば迷う事無く目的地に着きます。
それはそれで結構な事だけど寄り道もまた楽しからずや、という事で途中で1泊の予定。

しかし、気がかりなのは天候・・・


さて、行ってきますか〜



***続く***





テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行

お盆のしまなみ海道、年末年始の台湾と計画ばかりが先行してましたが
先日、20インチ小径車を注文しました。

ダホン(DAHON)やターン(TERN)も候補でしたが
結局は KHSの F - 20T3 というモデルにしました。

KHS kuro
納車は今月末の予定。
他にも輪行袋や小物類を揃えたりと、段々と形になっていくのが楽しいな〜
30年前に海外サイクリングを夢見ていた頃に似てますね。
どんな事でも思いを形にしていく過程はワクワクしてきます。



198507.png
1985年7月下旬 オーストラリア ナラボー平原

しまなみ海道の拠点の今治市で
自転車旅行博物館のような展示施設の計画があるとか?

苦楽を共にした(27ヶ国 37000KM 走行)この愛車、展示してくれないかな〜?
今治に行ったら検討して下さるようかけあってみようかな???





テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行

3月25日に行われました「エコスピリッツライド&ウォーク」の動画です。



当日は天候にも恵まれライド(サイクリング)とウォークの両部門に
計1300人余りが参加。皆さんそれぞれのペースで楽しんでおられました。

私は県サイクリング協会からの要請で
久高島コースに随行してきました。

現在、レポート作成中で、後日自転車ポータルサイトに掲載予定です。
掲載されたらお知らせしますね。

久高島コースの写真は後ほど随時アップします。



テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

今年もボランティアスタッフで参加しました。
当初の天気予報は微妙でしたが皆さんの思いが通じたのか
大会が近づくにつれて回復し、当日はサイクリングにとっては
良い日和になりました。

089.jpg

今年は1日目がやんばるセンチュリーライドの監察(車両で移動)、
2日目は恩納村ファミリーサイクリングのサイクリングリーダーでした。
ファミリーサイクリングに関しては村の方々の手厚いサポートがあり、
200名を超える大所帯でしたが、何とか役目を果たすことができました。

102.jpg


112.jpg


今後は3月まで偶数月にはフルマラソン、奇数月にはサイクリングイベントの
予定があります。サイクリングアイランドおきなわ を盛り上げていく
力になれればと思っております。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

場所は北米大陸横断途上の
アメリカ・コロラド州の
ロッキーマウンテン国立公園。
1986年7月。25歳の時です。

1986ロッキー1

自転車世界旅行の第1ステージの
オーストラリア横断8000㌔を終え、
次なる目標は北米大陸横断。
カナダのバンクーバーを起点に
ロッキー山脈の分水嶺を縫うようにデンバーへ。
そこからは大平原を東に東に。
ナイアガラの滝に寄って、ニューヨークまでの9000㌔。

北米大陸で10000フィート(約3050M)を超える高い峠は
コロラド州に集中していてる。
中でも写真にあるロッキーマウンテン国立公園を
貫くトレイル・リッジ・ロードは当時の北米で
最も標高の高い所を走る舗装道路。
表示のあった最高地点は12183フィートで
もう少しで富士山頂という高さであった。

1986ロッキー2

標高は今まで経験した事の無い高さであったけど
カナダから徐々に慣れていったのか10000フィートを
超えてペダルを漕いでいても大丈夫だったよ。


北米横断後はニューヨークで働いて、以後の資金を捻出。
アイスランドを皮切りに欧州、中東、再び欧州を走りました。

当初はインド・ネパールに行こうと思ってましたが
エジプトで感染したと思われる肝炎がイスラエルで発症したので
断念しました・・・

パスポート1

パスポート2
当時使っていたパスポートです。
旅の記録ともども時々眺めては懐かしかったあの時に
思いを馳せています。




テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

11月の第2の週末(11・12日)に沖縄本島北部のやんばると周辺離島を会場にツール・ド・おきなわ 2006 が開催されます。プロのレースの他にも市民レースがあったり、2日で沖縄本島を駆け巡る一周コースやのんびりと離島を巡る1泊2日のコース、ファミリーサイクリングや一輪車など盛りだくさんの内容です。
ホームページはこちらhttp://www.tour-de-okinawa.jp HPよりエントリー可
トップページから「2005ルックバック」→「大会写真集」で昨年の様子を見ることができます。私の写真もあります。探してくださいね。キャノンデールの白・黒・オレンジの渦巻きジャージーが私です。


0607237.jpg
ケラマ諸島に向かう「フェリーざまみ」

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報