まだまだやれるぞ!50代アスリートの日々

2012年10月に沖縄から実家のある愛知県知多半島に帰ってきました。50過ぎましたがまだまだこれから。いつかはアイアンマン完走!!!2013年5月4日ブログタイトルを「おきなわ移住 つれづれ日記」より変更しました。

08シーズン開幕

先の日記にあるようにトライアスロン大会のロゴをあしらったビールが発売になり、来月には13日に石垣島で20日には宮古島でトライアスロン大会が開催され08年のシーズンも全国に先駆けて沖縄から開幕です。石垣島大会はワールドカップと同日開催。宮古島大会は知名度・人気とも日本を代表する大会です。

私はトライアスロンと言う競技を知ったのは自転車世界旅行(1985・7・1~1989・11・2)に旅立つ2ヶ月ちょっと前に行なわれた第1回の宮古島トライアスロンでした。「とんでもない事をやる連中がいるもんだなぁ・・・」と言うのが第一印象。当時はカナヅチで自転車もツーリングレベルで1日100㌔走れば、かなり走ったなぁ、と言うレベルで、そんな競技とは無縁だと思ってましたが、帰国後、転職先にトライアスロンをやっている人がいて自転車の経験があるならやってみたら?と勧められたのがきっかけ。カナヅチ克服のためにスポーツジムの水泳教室に通い、距離の短いレースから始めて徐々に距離を伸ばし経験を積んで8年かかって宮古島トライアスロンに辿り着きました。

トライアスロンを始めてみようかなぁ・・・と言う方々にとっての入門レースの豊崎トライアスロンが今日(30日)開催されるはずが、土砂降りの上に大雨洪水警報が発令されたために入門レースは中止になってしまいました。残念ですが天候や安全面を考慮すれば止む終えない決断だったのではないでしょうか。荒れていた天候は午前の早い段階で回復し、お昼前から順次U-23およびジュニアのアジア選手権派遣選手の選考レースのみ開催されました。久々にボランティアで参加し、少しばかりのお手伝いをさせていただきました。

来年は天候に恵まれて子どもたちの元気な声が響く大会でありますように。





スポンサーサイト

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ