まだまだやれるぞ!50代アスリートの日々

2012年10月に沖縄から実家のある愛知県知多半島に帰ってきました。50過ぎましたがまだまだこれから。いつかはアイアンマン完走!!!2013年5月4日ブログタイトルを「おきなわ移住 つれづれ日記」より変更しました。

友人が編集長をしているHPに
先ごろ行われたツール・ド・おきなわ 離島サイクリングの
レポートを書きましたんで、見てください。

私とこの編集長さんは21年前に
オーストリアの首都のウィーンの街中でバッタリ!!!
彼は大学を休学して1年間欧州&北アフリカを、
私は海外サイクリング4年目で豪州・北米に続き
欧州走行中でした。
21年前かぁ~、お互い若かったなぁ~。
今ではいわゆるおじさん世代ですが
20年以上経った今でもお互い自転車に乗り続けているのは
素晴らしい事だと思ってます。

ウィーンからは1週間ほど一緒に走り、
当時はまだソ連があった時代で(1988年夏)、
オーストリア・ハンガリーの国境越えに
苦労したりしましたが、東欧は良い思い出が
たくさんあります。
彼は日本を代表する(と思っているのは私だけでないはず)
自転車関連のカメラマンでもあります。
国内レースはもとより海外のビッグレースの
ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアにも
行ってます。

こちらのページにレポートをアップしています。
題して「和み体験いっぱい 離島サイクリングにめんそ~れ♪」
http://www.cyclowired.jp/?q=node/22429


今が見ごろのトックリキワタです。
001.jpg


004.jpg
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

迷走台風20号の影響で中止になりました。
台風がフィリピン近くにあるのは知ってましたが
予報ではゆっくりではあるけど西に向かうという事で
なんとか大会はできるかなぁ、と思ってましたが・・・

大会2日前の金曜あたりから北寄りに進路を変え、
おまけに前線が発生して台風からの湿った空気が
それを刺激して、天気は荒れ模様。

土曜の朝にフェリーの全便欠航と大会の中止が
相次いで村の防災無線を通じて知らされる。
先ず一番の気がかりは「いつ帰れるのか?」
以前に、慶良間の離島に住んでいた頃の経験では
3日は欠航が続くだろう、とすると早くて火曜か・・・
本土から参加の方々は帰りの飛行機の事もあるので
気が気じゃないだろう。
宿のお母さんは「台風が来ると、島にフェリーを停めておかないで
本島に退避させるからそれで帰れるさぁ~」と言ってたけど、
いくら退避と言っても、この荒れた海にフェリーを出すとは信じられませんでした。

宿では1時間くらいで終わるミニトライアスロンでもやろうか?
という話も出ましたが、バイクの梱包やフェリーの事もあるので
レースウェアーにゼッケン付けてスイム会場の
伊是名ビーチ往復ランニングをやりました。

宿に戻る途中に、13時に退避運行のフェリーが出るという事で
慌ただしく片づけをして、お昼を食べて、
荒波の中、なんとかかんとか本島に戻って、ホッとしました。

その夜は那覇で残念会。

09いぜな88-7
来年の開催日程です。
余程の事が無い限り、参加します。
帰る時に宿を3泊予約しておきました。


あれだけノロノロと迷走していて
いぜな88、久米島マラソンなど屋外イベントを
中止に追い込んだと思ったら、速度を上げて
さっさと去っていきました。
水不足傾向だったのでダムの貯水率が上がったのは
よかったけど、まさに忌々しい迷走台風でした。


テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ