まだまだやれるぞ!50代アスリートの日々

2012年10月に沖縄から実家のある愛知県知多半島に帰ってきました。50過ぎましたがまだまだこれから。いつかはアイアンマン完走!!!2013年5月4日ブログタイトルを「おきなわ移住 つれづれ日記」より変更しました。

横浜マラソンまで7週間を切りました。
一昨年の「クラウンメロンマラソン」から「サンスポはなもも」「神戸マラソン」と
フルマラソンで不甲斐ない出来が続いているので(4時間30分あたり)
自己ベストとまではいかなくとも、ここらで、スカッと快走したいな。

1・2月は繁忙時期で連日残業の日々ですが
何とか時間をやりくりして短いながらも走る頻度を高めていかなくちゃ。

写真 2
今朝は3月のウィメンズに参加する方の練習パートナー。
年齢を重ねたとは言え、体重を自己ベストを出した2012年のおきなわマラソン
時と同じくらいにすればそこそこ良いペースで走れると思うんだけど
これがなかなかできません・・・


写真 1
今日25日は私が住んでいる地区の「左義長祭り」が行われます。
この辺りも人口減少が進み、漁師さんの数も年々減少の一途・・・
子どもの頃と比べると船の数は随分と減り、寂しい限りですが
いくつかの船には日章旗と大漁旗が掲げられて海に生きる男の心意気が伝わってきます。




スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

花蓮の宿は日本人の方が経営する民宿。
表向きの表記が民宿となってるだけでくたびれかけたホテルなんか
比べ物にならないくらいきれいで快適(個室)でした。

写真 1
宿の直ぐ近くのお店で朝食

写真 2
カップに「お元気です!」

写真 3
注文書。「早餐」は朝食の事。

写真 4
注文書にそれぞれ1と書いた商品がこれ。

写真 1
花蓮 ⇄ 台北は人気路線で予約必須!
ネットで予約ができ(日本語には対応してません)クレジット決済ができます。
受け取りは窓口でパスポートを提示するだけで OK!

写真 2
車内はこんな感じ。

写真 3
自転車のロゴ発見!そのまま搭載出来そうですね。

写真 5
台北到着〜。台北のランドマーク「台北101」

写真 1
宿に落ち着き、お土産探し。
自転車のロゴを見ると嬉しくなって箱買いしてしまいました。

写真 2

写真 3
台北市内のあちこち(主に地下鉄MRT駅近く)で見かける「U-BIKE」

写真 5
台北市の委託を受けて世界最大の自転車メーカー「GIANT」が運営しています。

写真-5
台湾総督府

写真 1
今は「台北当代芸術館」となってますが
元々は日本統治時代の1930年代に建てられた「建成小学校」

写真 2
行きより6㌔程重くなってました。

今回は桃園空港から東海岸の花蓮まででした。
次回は花蓮→台東あたりを考えています。

出会った台湾の皆さんに対して東日本大震災の支援の
お礼を言わずじまいになってしまった事が悔やまれてなりません。

次に行った時はしっかりと感謝の意を伝えたいと思います。
ありがとう、台湾!また、行きますよ〜


テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

羅東から花蓮への道(9号線)は山あいを通り曲がりくねって
距離も長いので途中の「和平」まで輪行で移動。

切符の買い方がよく分からなかったのでメモ用紙に
「羅東→和平 大人1 自行車(自転車の事)1」と書いて窓口に提出。
自行車、と書いてあったからか?時刻表に自転車マークのある電車に
(輪行しないでそのまま載せる事ができる?←詳細は未確認です)乗るように
案内されたけど袋に入れて手荷物扱いにしていたので予定の電車に乗って移動。

写真 1

写真 2
駅前のお店でお焼き(のようなもの)を買って朝食

写真 3
車内の様子。各駅停車で検察があったのは意外でした。

写真 4
ちょどよいスペースがあったので利用させていただきました。

写真 5
駅前で組み立てて再出発〜 車站は「駅」

写真 4
途中、台湾一周中のサイクリストの皆さんと交流

写真 2
お昼に食べて、とたくさん頂きました。

写真 5
その中に「シャカトウ(釋迦 シィジャー)」がありました。

写真 1
よく熟した甘い果肉がとっても美味しかった〜

写真 3
標高2000数百mから水平距離4㌔で海に達します。

写真 3
あと9つはどこだろう?

写真 1
ダンプにトレーラーや観光バスといった大型車両がひっきりなしに通りますし、
この時期はドライブする車も多く、ヒヤッとする場面が何度もありました。
トンネルが続き、路肩が無い個所もあるので初心者の方にはお勧めできませんが、
経験がある方は装備(前後にライトを装着して電池は新品に)をしっかり揃え、
細心の注意を払って走って下さい。

写真 1
国立公園「太魯閣渓谷」へ

写真 2

写真 5
川を遡るようにして渓谷の奥へ

写真 4

写真 3
一本道で他にルートが無く途中から大渋滞・・・
道も狭いし、車の間を縫って走るのは危ない!と判断して
花蓮に向けて来た道を引き返す事に・・・

写真 4
逆光で見づらいですが花蓮の街で見かけたバッティングセンター
目指せ!未来の「陽 岱鋼!」

写真 5
本日72㌔。3日半で290㌔。先ずは無事に走り終えてホッと一息。

写真 1
翌日は電車で台北に移動なのでまた輪行作業。

写真 2
無事に走り終える事ができたので何か美味しい物でも、と思って
街に出ましたが宿で紹介されたりネットに掲載されたお店はどこも長蛇の列・・・
そうまでして食べる気になれなかったので

写真 4
屋台をハシゴして春巻(デカっ!)を買って宿でひとりおつかれさん会。



テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

今日の予定は海岸沿いに羅東までの100㌔あまり。
20インチ小径車では距離が稼げないので夜明けとともに出発。

写真 5
北風が吹いて曇り空で肌寒〜い

写真 2
廃鉱の跡・・・?

写真 5
横風が強かったけどあの先の岬(三貂角)回ったら追い風傾向になりました。

写真 1
早めに出発して午前中に75㌔走っておいたので午後からが追い風もあって
のんびりと走り100㌔〜。

写真 2
羅東駅前のホテルにチェックインして先ずは食事(魚肉飯&魚丸湯)&夜市。

翌日は清水断崖&タロコ渓谷を楽しむ時間捻出のため途中まで輪行するので
ホテルに戻って荷造り。

電車の時刻もチェックしておやすみなさい 💤 💤



テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

週間予報の通り快晴の下、淡水から基隆へ

写真 1
好天で絶好のサイクリング日和

写真 4
休憩や補給にはコンビニもあるけどこのようなお店や屋台もあって安くて美味しい
読み方は分からないけど漢字でどんな粽(ちまき)かは分かる

写真 5

写真 1
アジアの歌姫テレサ・テンのお墓がある紀念公園へ

写真 2
金山郊外の金華山にあると聞いていたのでヒルクライム開始〜

写真 3
お墓は日本の方向を向いてます
手作りのミサンガを捧げてきました

写真 1
基隆市に入りました。クルマが増えてきたので安全第一

写真 2
到着〜 ホテルはグーグルマップに探してもらいました

写真 4
本日74㌔ 昨夜は部屋に自転車を持ち込めたけど今夜は地下駐車場にて保管。

写真 5
お腹空いた〜、ってことでホテルから直ぐの夜市へ

写真 1
カキ入りオムレツ 

写真 3
港町なので海産物が豊富

写真 5
シュウマイもいろいろ種類があります

写真 4
ジューススタンド

この日は12月31日。
翌日は100㌔くらいあるので早めに寝ましたがカウントダウンの花火の音で
目が覚めてしまいました。おそらく歩いて数分のところでイベントがあったのでしょうが
凄い人出なんだろうな、とか、今更・・・という気もあり、
ホテルの窓から眺めるだけでした。


テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

仕事納めして、元同僚と一杯やって2次会まで行って
空港島のホテルに戻ってきたのは日付が変わってからでした・・・

翌日は早朝便ではなかったけど酔いつぶれて飛行機に乗れなかった・・・
なんて事が無いように自制してました。

写真 1
寝過ごす事無く余裕を持って空港へ

写真 2
ワレモノにつき取り扱いは慎重にお願いします

写真 3
予約しておいたWIFI ルーターを受け取り

写真 4
現地の言葉は聞く&話すが全くできないので
何かの助けになるかも?と思って出発間際になって購入。
次回までには旅行でよく使う言葉は覚えて話せるようにしよう。

写真 5
到着〜。空港で自転車を組み立てて走り出しました。
本日の目的地は40キロあまり先の「淡水」

写真 2
迷う事無く予定していたルートに乗る事ができ一安心。
路肩も十分な広さがあって走りやすい。

写真 3
自行車(自転車)道もあちこちにあります。

写真 4
走り出したのが午後2時半くらい。
明るいうちに到着出来ると思っていたけど、そこは小径車の悲しさ・・・
思っていたより距離が稼げない。
八里あたりから交通量がドッと増えて、あるはずの路肩が路駐スペースになって、
急に走りづらくなってきた。
淡水は夕日の名所でしたが、そんな余裕は無く日が暮れるのと競争で宿探し。
どこだ、どこだ、ホテルはどこだ、そういう困った時はグーグルマップ!

写真 2
で、一発解決!真っ暗になる前に無事に宿に到着。本日40キロ。
ホテルは淡水の町外れにあって観光や買い物には不便ですが
静かでこじんまりとした清潔なホテルでした。

写真 5
日没と競争で補給や休憩をとってなかったので先ずは何か食べよう。
牛肉麺(ニョウロウミエン)。発音は分からないけどメニューや注文用紙は
漢字なのでどんな食べ物かはおよその察しはつきます。

写真 1
器に「いちばん」と書いてありました。

何はともあれ無事に1日目を走り終える事ができて一安心。

明日は海岸沿いに走り、金山郊外にある鄧麗君(テレサ・テン)の墓前にお参りして
港町・基隆まで。




テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

年末年始の休み(2014.12.30〜2015.1.4)に台湾サイクリングに行ってきました。

かつて27ヶ国37000キロを走ったのはもう25年も前の話し。
海外に行くのも昨年6月に職場の旅行で台湾に行くまでは10数年ご無沙汰でした。

一気に台湾一周はできないので細切れですが何年かかけて一周ができればいいな〜
と思って、昨夏に購入した折り畳み20インチ小径車(KHS)で Let's Go !!!

今回は桃園空港から北を回って基隆から東海岸の花蓮まで。
荷物は極力減らし、泊まりは距離的に無理の無い範囲のホテルを
事前にネット(エクスペディア)で予約しました。

写真 5

写真 1
週間予報で傘☂マークが無かったので雨具は持って行きませんでした。
肌寒い日もありましたが天候には恵まれました。

写真 3
港町・基隆

写真 4
清水断崖&タロコ渓谷を楽しむ時間捻出のため、羅東→和平は電車で輪行。

写真 1
標高2000数百mから水平距離4キロで海に達する清水断崖

写真 2
国立公園に指定されているタロコ渓谷。

詳細なレポートは時系列的にボチボチとアップして行きます。

さてと、次の年末年始の休みは何日あるかな???
次の台湾サイクリングは花蓮から台東あたりを予定してます。



テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行