まだまだやれるぞ!50代アスリートの日々

2012年10月に沖縄から実家のある愛知県知多半島に帰ってきました。50過ぎましたがまだまだこれから。いつかはアイアンマン完走!!!2013年5月4日ブログタイトルを「おきなわ移住 つれづれ日記」より変更しました。

帰って来ました、とはザトウクジラの事。昨日の県内新聞のネット版に記事がありました。http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-19996-storytopic-5.html
秋の修学旅行シーズン、年末年始の休暇が終わると、冬の沖縄は何があるの?と言われそうですが、冬はクジラです!まあ、ダイビング自体は年中やってますが・・・私は記事にある座間味島に2年半ほど住んでました。冬は山からクジラを探してました。まだ真っ暗な中、原付で展望台に行き、海面が見え始めると双眼鏡でクジラを探す。見つけるだけじゃ駄目なんです。何頭で、ブロー(いわゆる潮吹き これが短いほうが良い)間隔は何分で、どんな行動をしていて、どちらに向かっているか、また他にクジラは居るのか???といった具合に視界に入るすべてを把握して無線・携帯でショップやボートに連絡。その情報を基にウオッチングをするわけで役目は重要。野生のものなので良い時もあればそうでない時もある。無線を通じてボートでのお客さんの歓声が聞こえる時は「やったー」という気分になる。那覇からも2時間のウオッチングツアーがあるけど、時間に余裕がある方は是非とも座間味に行って2泊ほどして頂けたらなぁ、と思います。狂が付くほどのクジラ好きな方がたくさん居ます。
スポンサーサイト

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

コメント

第一回目のヨロンマラソン参加の際、一緒に行った友人は、「レース中に鯨が見えた」といってました。
私は見られなくって(そんな余裕がなくて)悔しがりましたが、当の友人は見事最終ランナーでした
2006/12/29(金) 16:20:00 | URL | tomioka #-[ 編集]

沖縄本島あたりからケラマ諸島周辺を回遊しているので与論あたりでも見ることが出来るかも・・・
でもボートから間近で見るとそれはすごい迫力ですよ。運がいいとボートの直ぐ脇で手を伸ばせば届きそうなくらい近くで見る事も出来ますよ。
2006/12/29(金) 21:41:27 | URL | オニヒトデ #-[ 編集]
クジラに遭いたい
こちらでは初めてです。

2月23日、与那国島行きの航空チケットを購入しました。

クジラにも一度は遭いたいですね。鳴き声は時々聞くのですが、出会ったことがありません。
船の上からなら見ることができるのですが、海中ではまだですね。

機会を見て一度見に行きたいものです。

今回は海底遺跡とハンマーヘッドに会えたら嬉しいなあ、と思って出かけます。

(パラオではアントニオ猪木と一緒に写真を写してもらいました。)
2006/12/30(土) 14:39:15 | URL | くろゆり #VokotZ/c[ 編集]

くろゆり さん
那覇からもウオッチングのボートは出てますが、やっぱり座間味に何日か滞在して見る方がいいと思いますよ。いい時期は1月中旬あたりでしょうか。人も少なく、荒々しいパフォーマンスが見られる時期でもあります。是非とも機会を作ってお越しください。
2006/12/31(日) 19:37:28 | URL | オニヒトデ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://teedasunsun.blog49.fc2.com/tb.php/108-86f9aeaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック